リサイクル・プラザJBRecycle Plaza JB

飲料空容器再資源化工場
「リサイクル・プラザJB」

リサイクル・プラザJBは、缶・ビン・ペットボトルの飲料空容器の中間処理を行う業界初のシステムとして、2003年に稼動しました。
処理工程の見学だけでなく、環境学習室での学習や研修などで年間約1,000名の方に活用いただいています。

リサイクルの仕組み

リサイクル・プラザJBは、日本初の試みです!

おいしい飲みものを片手に、仕事の合間のブレイクタイム。団らんや語らいのひととき。のどと心を潤した後の飲料空容器を再び資源として活用するために、私たちは努力を重ねてきました。

省エネルギーや環境保護は、いまや地球レベルの重要なテーマ。自動販売機サービスのトップオペレーターとしてもっとできることはないか・・・と考え設立されたのが、2003年に設立されたのが、このリサイクル・プラザJBです。

自動販売機のオペレーターが、アルミ缶やスチール缶、ビン、ペットボトルなど、飲料空容器の総合的な中間処理施設を手掛けるのは、これが国内で初めてのこと。そして、アルミ缶・スチール缶の両方を還元乾留加熱炉で熱処理するという高度なリサイクル設備も国内初です。日々深刻化する資源や環境の問題に真っ正面から取組む、それがリサイクル・プラザJBです。

リサイクルの流れ

ご紹介ムービー

缶・ビン・ペットボトルが再利用可能な資源に生まれ変わります。

自動販売機オペレーターとして、販売からリサイクルまで手がける国内初の取組み。
高度なリサイクル設備を備えたリサイクル・プラザJBのご紹介映像です。

環境学習

みんなで考えよう。環境のこと。

リサイクル・プラザJBは、省資源や環境の問題をひろく大勢の方と共に考えていくために、リサイクル工程の見学を積極的に受け入れています。そして、環境学習室での研修会などを通じて、皆様に資源再利用の重要性を知っていただくよう、最大限の努力をしていきます。

環境問題への取組みは、「子供たちが大きくなった時にも地球は美しいままでいられるか」という挑戦です。そのために、未来の主役となる子供たちが「自分たちのすばらしい未来を、自分たちの手で守る」ことを考えられるような、実りある時間と空間を提供したいと考えているのです。

省エネルギーやリサイクルに関する学習プログラムを順次充実させ、子供たちばかりでなく企業研修などのご要望にも答えられるよう努めていきます。

  • 工場見学
    工場見学

    「リサイクル・プラザJB」では積極的に工場見学を受け入れています。企業・学校等の団体・個人のどなたでも見学を受付ております。ぜひ一度ご来場いただき、リサイクルの現場をご覧ください。なお、見学は事前のご予約が必要です。

  • 環境学習室
    環境学習室

    環境学習室は無料開放です。また、子供たちばかりでなく企業研修などのご要望にも答えられるよう努めています。

  • 出前授業で「環境学習応援隊」!
    出前授業で
    「環境学習応援隊」!

    地域環境コミュニケーションとして『飲料空容器のリサイクル』についての「出前授業」も行っています。実際にリサイクル製品に触れたり、体験ゲームを通して楽しみながら学べる授業となっております。

作文コンクール

アクセス

リサイクル・プラザJB

〒331-0811 埼玉県さいたま市北区吉野町2-272-5
tel.048-652-6671

開館時間
9:00 〜 17:00(休館日を除く)
休館日
土曜日・日曜日・祝日
※ただし、作文コンクール開催期間中の土曜日は開館します。
その他、夏期・冬期の休館および施設保守のため臨時休館する場合がありますので、お気軽にお問合せください。
見学時のお願い

施設利用料として、お一人様アルミ缶2個お持ちください

  • サンダル等でのご来場は危険ですのでご遠慮ください
  • 飲酒をされた方のご来場はご遠慮いただいております
  • 見学は事前予約が必要です
【電車でお越しの方】
埼玉新都市交通ニューシャトル「吉野原駅」から、徒歩で約15分
吉野原駅からの徒歩アクセス地図はこちら
JR高崎線「宮原駅」から、タクシーで約10分
JR宇都宮線「東大宮駅」から、タクシーで約10分
【お車でお越しの方】
東北自動車道「岩槻」インターから約15分
(所要時間は交通事情によって変動致します。)

リサイクル・プラザJBへの見学のお申込みや、環境学習に関するお問い合わせはこちらから!

tel.048-652-6671
受付時間
9:00〜17:00(土日祝日の休館日を除く)