会社概要・沿革Summary / History

会社概要

株式会社ジャパンビバレッジホールディングス

社名 株式会社ジャパンビバレッジホールディングス
英文表記 Japan Beverage Holdings Inc.
役員
代表取締役社長
及川 剛
取締役副社長
加藤 武虎
取締役専務執行役員
石橋 賢一
取締役常務執行役員
田久保 悦弘
取締役常務執行役員
矢野 洋次
取締役(非常勤)
木村 穣介
取締役(非常勤)
山口 昌利
取締役(非常勤)
東 文俊
取締役(非常勤)
井上 淳
常勤監査役
武笠 悦郎
社外監査役(非常勤)
宮園 司史
社外監査役(非常勤)
細野 友孝
設立 2010年7月
資本金 1億円
本社所在地 東京都新宿区西新宿一丁目24番1号 Google map
支社 北海道東北支社、関東甲信越支社、首都圏支社、東海北陸支社、近畿支社、中四国支社、九州沖縄支社
事業内容 グループ全体の経営戦略の策定・推進、自動販売機による各種食品飲料の販売

株式会社ジャパンビバレッジ

社名 株式会社ジャパンビバレッジ
役員
代表取締役社長
及川 剛
取締役副社長
加藤 武虎
取締役専務執行役員
石橋 賢一
取締役常務執行役員
田久保 悦弘
取締役常務執行役員
矢野 洋次
取締役(非常勤)
木村 穣介
取締役(非常勤)
山口 昌利
取締役(非常勤)
東 文俊
取締役(非常勤)
井上 淳
常勤監査役
武笠 悦郎
設立 2010年11月
資本金 8,000万円
本社所在地 東京都新宿区西新宿一丁目24番1号 サービス拠点はこちら
支社 北海道東北支社、関東甲信越支社、首都圏支社、東海北陸支社、近畿支社、中四国支社、九州沖縄支社
事業内容 自動販売機による各種食品飲料の販売

株式会社ジャパンビバレッジエコロジー

社名 株式会社ジャパンビバレッジエコロジー
役員
代表取締役社長
渡辺 正朗
取締役
加藤 豊孝
取締役(非常勤)
田久保 悦弘
監査役(非常勤)
福田 哲之
設立 1995年2月
資本金 1億円
本社所在地 埼玉県さいたま市北区吉野町二丁目272番地5 サービス拠点はこちら
事業内容 グループ全体の環境戦略の策定・推進、飲料容器の再生処理、加工品の販売

沿革

1958年
ユナイテッド・スティール有限会社設立

千代田区丸の内のパレスビルにユナイテッドスティールカンパニーを創業。
創業当初は、鋼材、非鉄金属の輸出入および販売を行っていました。

1963年
自動販売機事業部門ユニマット開設

自動販売機のオペレーション業務を開始。
日本初のカップ式自動販売機HB-10を導入。(三菱重工業製)当時、1杯の価格は30円でした。

1978年
オフィスコーヒーサービス業務を開始
1998年
日本たばこ産業株式会社と業務提携及び資本提携を行う
1999年
株式会社ジャパンビバレッジへ社名変更
2003年
リサイクルプラザJB設立
ウエステック大賞事業活動部門賞受賞設

埼玉県さいたま市に中間処理施設リサイクル・プラザJBを設立。空き容器の再資源化を自社工場で行っています。

2010年
持株会社である、
「株式会社ジャパンビバレッジホールディングス」を設立
2011年
株式会社ジャパンビバレッジホールディングスが、
株式会社ジャパンビバレッジを吸収合併後、
株式会社ジャパンビバレッジコミサリーを吸収合併
2015年
サントリー食品インターナショナル株式会社の資本参加により、サントリー食品インターナショナルグループの一員となる
2018年
株式会社ビジネスサポートワークスを吸収合併